朝日が上がる7時までの時間を、彼女は、甲斐甲斐しく、わたし如新nuskin產品のサポートらしきものをしてくれている。
わたしの、ブログタイムは???
そわそわ???
もうだめだ、時間がない。

フランス語ラジオ講座をあきらめ(もとからアタマになんか入っていない、ただのBGM)、
教官に、告げる。
「ちょっと、わたし、ぱそぱそタイムね」

わたしがパソコンに向かって、しばらくして、
「お風呂からあがったら、言ってね」
そう言い残して、彼女は、ダイニングキッチンを離れた。

それから1時間ばかり、仮寝に移るとのことだ。
もう、すっかり日は上がり、あたりは明るくなっている。
かくして、わたしは、ブログタイムを確保した。
が、制限時間は、あとほんの少し。

老妻は、老婆となり、すっかり、牙も、義歯も、入れ歯も、差し歯も抜かれ、
うつろな目で、ぱしゃぱしゃ、カチカチと、無機質にキーを打つ。


さ、はやくしないと。
教官が、待ってるし。


清く正しい、教官のいる朝は、すがすがしく、
そして、もぞもぞ、ブログ菌に冒さ能量水れているわたしは、感謝しつつも、
さて、なにを綴ろうかと、考えている間に、タイムリミットを迎えた。

漫画目キラキラ、輝かせる余裕は、ない。怖い生活指導員、教官つきの生活が始まり、皆さんのブログをゆっくり読むヒマがない。
ざ、ざ、ざ、-っと読むのでは、せっかくの面白い内容が台無しになり、いかにも、もったいない。
でも、自分のブログを更新する時間が、背中に迫り、冷や汗、脂汗。

で、最後の妊婦検診に向かう時間が迫る、その残された貴重な短い時間で、
まったく関係ないことを書く。
(老妻シリーズ、もう止めたのか?)


パリになぜ、行きたいか?
-----パリに行くこと自体が目的だから。

パリになぜ、住みたいか?
------パリに住むこと自体が目的だから。

テニスをなぜしたいか?
------コートでステテキだから。
(わたし、テニス、しませんが)

○○をなぜしたいか?
-------○○をしている自分を夢見るから。
-------○○をしている自分がカッコイイから。

なんか、中身がない。
ミーハー的発想だ。
順番が逆だ。