20131126133333688
小さなバー頃にもたれてこちらを见て、っぽく格子落款で濡れた中、江南墨青の山水の間、闻こえて雨と思うとやしとしとと雨、弦を弾いての明るいの中に自然のメロディ、恰青色に1段の音、軽い収まらあます。奏著の生命の中で最も清浄な楽章だった。芭蕉著雨打の独占リズムを、あの涼気させて考え事が発芽し始め、小雨パンク寂しさの土噴出して待ってい減小腿た逢っ揺らめく。前世のロマン、今生の情緒のおかげで、私を许し1段の中だった。考え事はその風に軽いを缓和する音符の中で、開城1轮の思い込み蓮、静夜風に揺れ、ついちゃった雨の清魂と生き生きしていることができることを内心それでは分は水のようなかわいさを心の情爱の静語詩に明るい咲、わきあがる成ダンスも披露する予定だ。

江南(カンナム)の雨がnu skin 如新立ち並び、クルクル回りながらポッポッ飘著、きらきら瑠璃は、まるで私たちの愛の物語だ。雨全然抱っこごとに爱のよしみで、一本一本も伸ばせる雨丝爱の思考を隠さなかった。雨は、舞いは窓際に叩頭する雨花水しぶきをした欲しい无数や咲か幻想无数だ。幽梦ひらひらと振り子の歳月が咲く、依然エンロンの静けさを取り戻す。季节の天蓋カーテンをめくって、记忆の映像では、ほとんどのをじっと见たとして、缱绻著在水一方の向かい合って。座り込み、低眉を指先に作成して、ゆっくり一轮の渋い色は绝。情を放送します。やんわりとの心境は、时の流れの中でどこかに古着。静かで、美しい物ではなかった。

行かふに期待が、歳月の中でのおもてに诉えてハプチョ義工活動ングン?チョンドクミョン)の最も优しいた欲しいです。浅黒い优しい紫色携え、一轮の芳菲ライラック,云の翼は、まえの雨にのぼって天涯、……

依著を彩るで数え切れない生みますあなたの日、中がいっぱい一场场承知しないのに関わらずの中は、春春や、濡れたをのぞかせた。あなたの離れたりして、私明灭変更できていた。一人の柔润の暖かさと、著、江南のごとし光阴の響涼気烟雨(て風の执着する、裏切る画意で悠々と翻ったことだが、これは眉間に軽い大乗寺餘波私惑の香りで頬だった。武林ドラマ)著、軽く語を鳴らすと、を安らかにかえると、お愿いです。渡一葉文字の轻舟、借りて著太湖岸湖畔の一筋の柔らかい風に、半梦半分さめ間の自分の中に掛けに運ばれたが、江南(カンナム)の……