そのうち、忘れてしまうかも知れないが、今度はちょっと本気っぽい。

やり直すには、今までの分を製本しようと思っている。
それが、めんどうだ。
で、腰が重い。

gooさん、厳しい状況はわかるが、有料はないんじゃないかと?
多くのブロガーさんたちが、それをキッカケとして離れていくのでは?

無料で使わせてい口服 避孕 藥ただいて、文句は言えない身であるが人の似たような年齢の人がいる。
Aさんと、Bさん。
推定年齢は73歳ぐらいかと想像する。
お二人とも、年金をもらっておられる世代。

二人の共通するところは、趣味が同じ。
そして、健康であるということ。
共通しないところは、金回り。自由にできるお金の額。

Aさんは、年金以外に、多額のキャッシュと、毎月定期的に入る、なんらかの不労収入。
さらに原資を元に利回り追求型の投資や、そのリターン、配当を享受。
Bさんは、年金一本やり。(想像です)

お金回りの違いは、細かい行動に現れる。
まず、移動。
Aさんは、どんなところへ化妝課程もタクシー。
Bさんは、自転車。
(二人とも、遠いところは、電車)

お次は、食事。
Aさんは、ホテルの豪華ランチやディナー、
ほんのちょっとした時間待ちも、ホテルのコーヒー(1200円ぐらいする)。
Bさんは、移動途中、電車のホームで、スーパーで買ってきた5個入りミニ?アンパンをパクパク。
お茶は、ペットボトルに水道水。非常食に、飴と、みかん。

そして、
習い事や健康維持にかける費用も、違いが、くっきり、はっきり。
Aさんは、社交ダンスの個人レッスンと団体レッスンを受けておられる。
個人レッスンは、先生を適材適所、習得度合いに合う先生に変え、週に1~2回、レッスンを受ける。
(個人レッスンの費用は、ばか菲傭高いが、これは、ダンス業界が衰退する悪の根源であると私は思っている)
都心ホテ会員でもあり、優雅に汗を流す。(高額)
Bさんは、1ヶ月定額(低額)で利用できる、地元ホールの常連さん。
基礎トレーニングをはじめ、自主練に励んでおられる。

さらに、
身につけるもの、いわゆる、身なり。
Aさんは、見るからに高そうな時計や貴金属を身にまとい、
いつも、誰が見てもわかる品質の良いものをさらっと着ておられる。付加価値いっぱい。
Bさんは、大き目のリュックを背負い、ウォーキングシューズ。
健脚。フットワークの軽さが現れる服装。
ただし、いつも同じ(に見える)服。機能性重視。


???お二方、1ヶ月に使う金額は、いったいどれぐらい違うのだろう?



最近、なんだか、見えなくてもいいものが見えるようになって(死後の世界や幽霊じゃありません)
いいような、悪いような。
どうせなにも出来ない非力品牌維護管理なわたしなら、いっそ、見えないほうが楽。
見えているのに、なにもできない自分を認識するのは、結構辛い。
でも、それでもいいんじゃない?と認めるようにしよう、と、つい昨日あたりから思いはじめた。
何年も前から延々と、ブログに書いているではないの、とご指摘を受けそうだが、
書いても、本人は忘れるんです。
なにしろ、わたしにとっては、ブログは念仏、祈りなので、毎日祈っていてもいいのだ。昨日の記事、Aさんご本人がご覧になっていたら、気分を害されたかも。
まず、「知人」という表現。
「友人」としたかったのだが、彼女がそう感じていないと困るので、無難な線で「知人」にした。

お互いの家も行き来したことがあるし、ご家族にも何度かお会いしたことがある。
なので、知人ではなく、わたしにとって品牌維護與管理は友人なのだが。
スパンが、おそろしく長い。
彼女は、勉強と仕事と家事で忙しいし、わたしもなにかと多忙なので、お会いするのは数年に1回。
近況は、年賀状。
電話もメールもほとんどしない。

わたしは、それで十分満足。
とてもコアな関係だと思っている。

べらべら長々としゃべるのは、会っているときだけ。
数年分を一気にしゃべる。
ずっとずっと、何回も何回も頻繁に会ったとしても、そう変らないと思う。
たとえ毎日、いっしょしても。

10時間ドキュメントの録画を30分に編集した關鍵詞研究ようなものか。

いつお会いしても元気で明るい彼女には、エネルギーやビタミンをいただいている。
「会ってないときは、元気じゃないのよ」などとおっしゃるが、
メリハリも大事だ。
応援するほうは、全然頑張らなくて良いので、楽々、さぼりっぱなし。
こうやって、年を重ねる、ストレスフリーのわたしだ。

書きたいジャンルのよって、ブログを分けているということだ。
某SNSは、自分の正体や背景などはまったく書いていなくて、マインド&スピリット面のみ。
それはそれDream beauty pro 黑店で、内容が絞られていて、書きやすい。
ここ蝶ブログに書いても、同じ趣味を持つ人でなければ、興味がないと思われる内容だが。
それと、会員さんは、わたしと同じような年代の方々。
40、50歳~80歳代ぐらい?
リタイア世代が多そうだ。
趣味以外に、年齢という共通項は、大きい。


じゃあ、蝶ブログは、何を書きDream beauty pro 黑店たいのだ?
全般である。総合。
それに、なんといっても、愛着がある。
開設してはポイ、開設してはポイ、という、トカゲのシッポ切り的なスタンスを取らない。
わたしは、一度始めると、一筋(ひとDream beauty pro 黑店すじさん)傾向にある。

で、切らないものだから、収まのが、あっちこっちに、はみ出るということになる。

???

「あなたは、自分のことが大好きなんですね」とある人に、ぐさりと核心を突かれた。
この年齢になると、自分のことが嫌いだと、ストレスが溜まって、ろくなことがない。
自己肯定の先には、幸せがある。
自己否定の先には、不幸がある。

なので、わたしは、人がどう思おうが、自分が大好きなのである。

 


↑このページのトップヘ